園長よりご挨拶

皆さま、こんにちは。
企業主導型保育園 にじいろ保育園の園長 舟岡です。
私たちは3歳までのお子さまの成長をとても大切に考えています。
その理由として、大脳の発達は3歳までに80%、6歳までに90%完成します。よって、この時期の育児はお子さまの人生に重要な意味を持ちます。この時期にたくさんの刺激を脳に与えることが、子どもの将来に大きな意味を持ちます。では、どうすれば子どもに刺激を与えることができるのでしょうか。たくさんのことを子どもたちに体験してもらうことにつきます。ただ、漫然と子どもたちに何かを与える、何かをさせるだけでは思ったような成長は見込めません。大事なことは子どもがその気になること、子どもが楽しそうだからやってみよう、という気持ちを持つことが大切なのです。私たちは子どもに寄り添い、一人一人の成長段階を考え、日常の保育を実施します。安全安心の環境の中で、たくさんの体験や経験を子どもたちに与えます。全ては子どもたちの健やかな成長のために。
共に育児を楽しみましょう。

にじいろ保育園
園長 舟岡桃子

にじいろ保育園とは

当園は、2018年9月に開園したばかりの企業主導型保育園です。小規模保育園(定員12名)の特徴を活かし、「遊びから学ぶ」という基本の考えのもと、様々なことをお子さまに体験していただきます。英語やリトミック、季節の製作物作成など子どもの発育に合わせて、保育士が寄り添いながら指導します。お子さまの保育に対して、安全安心の環境をお約束します。

※企業主導型保育園とは…平成28年に内閣府が開始した新しい制度です。認可保育園並みの保育士の配置義務があります。

特徴①
充実の人員配置
上記のように企業主導型保育園は認可保育園並みの保育士配置義務があります。私たちの園では、さらに充実の配置を実践しています。また看護師も常勤しているため、病児室も完備しています。万が一、保育中にお子さまの体調が悪くなったときは、病児室で看護師が様子を見させていただきます。

特徴②
手ぶらプラン
園で使用するお子さまの服やエプロンなどは私たちが洗濯します。また、お昼寝用の布団も私たちが準備させていただきます。ですので、お子さまを園にお預けに来ていただく際に、一緒に持ってくるお持物は基本的にありません。少しでもお母さんの家事の時間を減らし、お子さまと触れあう時間が増えることを願っています。

特徴③
食事も自園調理
食事も管理栄養士が作成した献立を、調理師が自園調理をしています。安全安心のものを楽しく食べています。また自園調理なので、もしお子さまがアレルギーをお持ちであれば、その食材を除去して個別の給食を作ります。

ページ累計:3829
今日:5
昨日:5